水漏れなど水のトラブルが起きるのは何が原因?

私たちの生活と水は切っても切れない関係にあります。水漏れなどの水のトラブルが起きたとき、その状況に合わせて対策が必要になります。どんな場所でどんなトラブルが起こりやすいのか、そのトラブルは何が原因で起こっているのかあらかじめ確認しておきましょう。

■キッチンの蛇口から少しの水しか出てこない

いつも使っている蛇口だからこそ、家主にしてみれば以前と比べて何かが違うとすぐに気づくはずです。いつもより蛇口からでてくる水の量が少なかった場合、もしかしたら近所で水道工事が行われていたり、断水の可能性もあります。何かのきっかけで家族が止水栓を閉じている可能性も捨てきれません。もしも水道工事や断水の場合、工事に関する予定はあらかじめお知らせがあります。工事が終われば通常通り使えるようになるので心配はいりません。
もしも止水栓が閉まっていることで水の出方が少ない場合は、止水栓を開きましょう。キッチンはシンクの下に止水栓がある場合が多く、ハンドルタイプやネジタイプなどの止水栓を回すことで水の量を調節することができます。止水栓を回したのに水の量が変わらない場合、部品となっているコマを交換することで状況を改善することができる場合もあります。

■バスルームの蛇口で水漏れトラブルが起きたとき

バスルームでトラブルが起こりやすい場所は蛇口です。特に混合タイプの蛇口の場合、稼働する部分が大きいため、それに比例してトラブルも起こりやすいと言われています。水のトラブルが起きたときはとても分かりやすいので、専門知識がない方でもすぐに発見できます。蛇口をしっかり締めているのにポタポタと水が流れるケースが一般的です。
そのほかに起こりやすいのは、ハンドルの付け根のあたりから水が漏れるトラブルや、パイプとの付け根から水が漏れる場合もあります。混合水栓はお湯と水どちらも出るタイプなので、給水管や給湯管かと接続しているパターンがほとんどです。そのため、壁の中にはクランクというパーツがあり、このクランクのところから水が漏れている可能性があります。

■まとめ
それぞれのトラブルは部品を交換することで問題を解消することができるものが多いです。どのトラブルも専門知識や専門的な技術が必要になるため、トラブルによる被害が大きくなる前に専門業者へ相談してください。トラブルを放置しておくと益々被害が大きくなる可能性も高いため、できるだけ早めに相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ