もしも給湯器で水漏れトラブルが起こったら

給湯器 修理が必要になるトラブルの原因には何が考えられるのか気になるところです。一番多いと言われているのが水漏れで、少しぐらいなら大丈夫と放置したままの人も少なくありません。給湯器はガスを使う機器なので、水漏れトラブルを甘く見てはいけません。

■長い間使っていないと水が漏れることもある

長らく家を空けていると水道や給湯器を使うことがありません。これのどこがトラブルのもとになるのか不思議に思うかもしれませんが、長期間使用しない場合は水抜き栓のところから水が出てしまってる可能性があるのです。水抜き栓の役目は、凍結によって壊れないように予防するためや、給湯器本体の中の圧が高くなったときに必要になります。そのため、水抜き栓から一時的に水がポタポタ漏れているなら特に問題はありません。
一度給湯器のスイッチを入れてお湯を出して確かめましょう。お湯を出した後にお湯を止めてしばらく子を見たとき、水抜き栓部分から水が漏れていなけれは水漏れトラブルではないと考えられます。
もしも漏れる水の量が多すぎる場合や、あまりにも頻繁に水漏れがするという場合は他の原因が考えられるので、早めに専門業者に確認してもらいましょう。

■劣化や整備不良も水漏れの原因になる

給湯器は寿命がある機器と捉えておいてください。一般的に、使い始めてからおよそ7年から8年ほど経つと給湯器本体に使われている部品が劣化によって壊れ始めます。これが原因で水漏れトラブルが起こりやすいと考えられているので、部品を交換してもらうか、もしくは本体そのものを交換してもらう必要があります。
そのほか整備不良の場合、給湯器を設置した直後に起こりやすい特徴があります。施工した時の整備不良によって水が漏れているので、設置した会社にすぐに連絡してください。整備不良によるものなら早急に直してもらいましょう。間違っても自分で直そうとしないようにしてください。給湯器は有資格者でなければ整備も交換もできないと法律で決まっているためです。

■まとめ
給湯器のトラブルが起きた場合、一番怖いのがガスによるトラブル被害が起こることです。ガスを使う機器だけど水漏れトラブルは関係ないだろうという思い込みは危険です。万が一ガスによるトラブルが起これば、その被害は甚大になることが予想されるためです。修理業者に早めに連絡を入れて対処してもらうことも大事ですが、念のためにガス栓と給水管の元栓は締めておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ